フィーリングFX

2008.02.05 10万円からFXスタートしました。毎月のお小遣い10万円をFXに投入していきたいです。ギャンブル大好きなので熱くならないかが心配です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ギブ

ポンドルS
2回ほど入りなおしたがいずれもストップ。

4時間足で2本ほど陰線がつくまで待つしかないかなー。

悔しいけどポンドル触らないというのも一つの手かも。

負けてる通貨ペアでやり返そうとするより
勝ってる通貨ペアに厚めに張るほうが分がいいな。

ポンドルには明確なレジが見当たらず
真空状態爆進中ですからね。
もう完全な値ごろ感で入ってる。
これだと仮に勝っても利確場所に困るし、負けても得るものない。
ユロポンの大きな流れを見誤っていた。ゴメン。

風の噂では
6月くらいからLやってた個人投資家が
8月は円高説を懸念して利確しだしたらしい。
そうした人が今度はSで入ってきてるらしい。
また、ノーポジのほとんどの個人投資家はSから入ってきてるらしい。

そして軽いお金でちょっと踏み上げたら
あとは仲間の損切りで皆自滅しているらしい。

こわいですねー。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
よろしければ1押しを。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

まあ、人のブログで言うことじゃないけど、日本の個人投資家、つまりは個人FXトレーダーということになるけども、確かに個人個人のトレーダーの売買が相場に影響を与えるわけがない。

しかし、束になってかかった場合、レートに無関係ということはない。

既に新聞とかにも乗ってるけども、個人投資家達がロングでばかり相場に入るから介入の必要性がなくなったという報道さえ出ているくらいだ。

個人投資家というのは100万1000万程度のネズミトレーダーのことを言うわけではなく、もっと大きな金額を動かす人を個人投資家というのであって、100万1000万程度なら投資家と呼ばれるような連中ではない。

また、ネズミでもボーナス時期になれば、それが投信設定に影響を与えることがあるのは為替相場においては常識。

投信設定はレートに影響を与えるのは思惑も絡んで来るから常識。

中途半端な間違った忠告はやめたほうがいい。

pukuttch | URL | 2010年08月05日(Thu)14:11 [EDIT]


日々読まさせていただいております。
最近更新がされてないのが残念でございます。

さてよく文章に出ていられる「個人投資家」
になりますが、門司男様がおしゃっておられる
個人投資家とは日本の個人投資家の事では
ないですよね?
盛んなロンドン アメリカ個人投資家でもないですよね

現実的にはありえませんが、
個人投資家が束でかかっても1pipsも動きません。
それくらいのお金が動いています。

よってボーナス時期とかも売買は増えますが、
レートには反映されません。

ですのでトレードをなさる上でその辺りは
深く考えなくてもよいかとおもった次第です。

カウンタ | URL | 2010年08月04日(Wed)18:55 [EDIT]


FXとはゼロサムゆえ騙しあいなのだ。

pukuttch | URL | 2010年08月03日(Tue)19:52 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。