フィーリングFX

2008.02.05 10万円からFXスタートしました。毎月のお小遣い10万円をFXに投入していきたいです。ギャンブル大好きなので熱くならないかが心配です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

7/12

今日は自分のギャンブル?トレード?スタイルについて考えてみた。
それをどうこうしてトレードに活かそうとかいうものではなく
ただ感想を書いてるだけなのであしからず。

自分は「形のないもの」に張れない人間なんだと感じた。
逆張りが好きといっても真空地帯を吹き上がってる通貨のSは怖くて出来ない。

やってるのは下降トレンドラインや見えるところに高値があるときの逆張り。

ただし、ショートは好きな方向なので安値更新でも入ることはたまにある。(あっ、これ順張りだった)

逆張りはいろんな参考書では良くは言われないし
日本人に多いのが下落に対する逆張りロングとも言われている。
確かに、下手の逆張り(ナンピン)命取り。

ラインまで引きつけてとかラインをバックに慌てて入るから負けるのかも。
弾いたり、止まったの見て入ればそこそこいい勝負できるのかな。
ミクロの部分で順張り。
やってみよう。

まあ結果論からいえばあるラインを目処に弾き待ちするなら
そのラインで弾いて入るより
そのラインをリミットに順で入ったほうがいいのかも。


話がそれた。
言いたかったのは、自分はサイコロ勝負などの全部運のギャンブルはできないチキン?系だということ。
形のないものお金を賭けれない。
見えてるもの、過去に例のあるものなど心の拠り所がないと賭けれないタイプ。

なので「うそやろ!」、「やりすぎやろ!」、「ありえへん」系のサプライズに滅法弱い。
だって実際にあってるから、あり得る事だし過去の高値もその時の人からすれば「ありえへん」だったはず。
事実を「素直に」受け止められないんだな。きっと。
過去のデータ、過去の値幅内、過去に有効だった手法etc...でしか戦えないのだな。残念。

フィーリングFXと謳いながら、一番大事な感性に身を任せることが出来ず
負け続けている思考回路を持った脳みそで
負けの理論で一生懸命理論的に考えて行動してるんだなー。

全てに意味を、意義を見出そうとしてるんだな。
たまには、いや実はほとんどがランダムウォークかもしれないのに。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
よろしければ1押しを。

長くなったけど、結論とか何もないっすよ。
トレードスタイルもそんなに変えるつもりもないし。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。